先輩スタッフの声

staff
K.Tさん 入社5年目
高陽事業所 放課後等デイサービス指導員


この仕事に就くきっかけは、家のポストに入っていた求人のチラシでした。元々子どもにかかわる仕事をしたいと思っていた気持ちがあったためか、ふと目にとまり問い合わせをしました。
ただその当時、まだ別の仕事をしていたので、すぐに就業とはなりませんでした。その後、1年間でさまざまな資格を取り、再度ハローワークを通じて応募し現在にいたります。
障がいのあるお子さまと一つ屋根の下で過ごすと、ひとりひとりの個性を尊重することがいかに大切かを逆に学ぶことの方が多く、「一緒に学んでいける」ことを実感するので、その度にやりがいを感じています。

現在は、放課後等デイサービスの指導員として毎日仕事に励んでいます。
お子さまの送迎はもちろん、子どもたちと一緒に活動する内容を考え準備をし、そして毎日を生活する中で、子ども同士のトラブルを円満に解決できる方法を指導したりしています。

私自身、ただ子どもが好き!という気持ちで入社しました。仕事に就くまでに資格は取得しましたが、まったく経験がない状態での入社だったので、最初は「子どもたちに療育をしながら一緒に遊んだりするのが仕事」だと思っていました。

ですが、ハンディキャップがあってもなくても何も変わらない、毎日笑ったり怒ったりと懸命な姿に感動し、自分も一緒に成長させてもらっています。
簡単な仕事ではないですが、子どもたちができなかったことが自分自身でできたときの笑顔が見られたときは、心の底からうれしい!と思います。

子どもたちの長い人生の中の”ほんの少し”にかかわることができることそのものが、とても素敵な仕事だと思っています。
とても風通しのよい職場なので、困ったことや悩みがあれば仲間みんなで解決に取り組みます。そして、子どもたちのことを”一番”に考えて取り組んでいる仲間だからこそ、チームワークがよく、その雰囲気が子どもたちにも浸透していると思います。是非子どもたちと一緒に成長していきましょう!
staff
D.Tさん 入社1年目
可部事業所 管理職


前職は営業マンをしていました。元々人と触れ合いながら仕事をするのが好きだったのですが、とりわけ子どもと接する仕事は元々興味がある職種でした。
ただ、まったくの未経験だったので少し不安はありながらも、意を決して応募しました。
まごころの家をご利用いただいているお子さまの成長が身近に感じられることが今の自分の喜びです。一瞬一瞬を見逃さないようにしようと思いながら過ごしたこの1年は、本当にあっという間でした。

業務の内容としては、ご利用いただいている子どもたちの月間の活動スケジュール作成や、保護者さまとのやり取り、面談・施設見学の対応をしています。
メインの仕事は、放課後にまごころの家をご利用いただいている子どもたちが、ルールを守りながら社会に出ていく際に必要な経験を習得するために、さまざまなアイディアを出して実現していくことです。

未経験からはじめた仕事ですが、今では毎日本当にやりがいを感じています。
自分たちが思い描いた通りにいかないことも多くありますが、子どもたちが一生懸命に物事に取り組む姿を見ていると、自分もがんばろうという気持ちになります。
まごころの家は一軒家を利用しているので、子どもたちが放課後に友達の家に遊びに行くような感覚でご利用いただけます。その中で子どもたちの個性や創造性を伸ばしていけるような施設づくりを心がけています。
できなかったことができたときの笑顔や、みんなで楽しんでいるときの表情を見ていると、この仕事に就いて本当によかったと思います。

子どもたちと一緒に自分も成長できる職場です。
福祉の仕事なので一人ではできません。一つのチームとして取り組まないと成り立たないので、職場の仲間たちみんなで日々向上していきながら働ける場所です。
経験のあるなしにかかわらず、まずは思い切って飛び込んできてください!!
scrolltotop