事業案内

アイオライトの思い
 「株式会社アイオライト」の社名の由来は、パワーストーンのアイオライトです。
アイオライトには、迷うことなく進むべき道を見つけ、目標を達成する道しるべの象徴という意味があります。
働く職員をはじめ、かかわる利用者さまやご家族、そのほかのすべての方の道しるべとなれるよう羅針盤的存在でありたい、また自分たちの進むべき道は何かを常に考え実行したいという思いから名付けています。
ロゴマークには羅針盤の意味やささえあういろいろな人をイメージして作成いたしました。
そんな思いが、社名とロゴマークにたくさん詰まっています。
お子さまひとりひとりの成長や障がいの状況を理解し、現在と未来を考えた療育。
周りの人との関係性を築き、人の輪の中で自己を感じ、安心して成長できる場を提供します。
子どもたちが思う存分「自分」を発揮できる場所であるために、私どもも日々努力いたします。
「理解」から「実績」への過程を大切にし、自信につながる体験を積み上げます。 地域社会での療育を重視し、地域の大人と力をあわせて「生きる力」を育てます。
就労継続支援B型
障がいや難病を抱え、企業などで働くことが困難な方の毎日を安定したものとするお手伝いができるよう、軽作業などの就労訓練を行っています。日中に活動をしたい、働きたいという前向きな気持ちを大切にし、作業を通じて知識と能力の向上をめざして訓練を行います。

通常事業所に雇用されることが困難な障がいや難病のある方に対し、軽作業など就労訓練の機会の提供や、知識や能力向上のために必要な訓練などを行います。
仕事をする中で、自分が社会の一員であることを認識させながら、働ける喜びを分かちあい、働きたいという気持ちを大切にしています。

■ご利用の対象となる方について
就労移行支援事業を利用した結果、B型の利用が適当と判断された方が対象となります。また、医療や福祉機関にご相談のうえでご利用ください。

対象施設一覧

まごころの家 高陽
まごころの家 若草
 
アクセスマップはこちら
アクセスマップはこちら
 
短期入所(ショートステイ)
医療ケア児・重症心身障害児、難病患児における短期入所(ショートステイ)を提供しております。ご家族が体調不良のとき、旅行や冠婚葬祭、急な出張で不在のときなどにご利用ください。 現在は週末(金・土・日)のみご利用が可能で、入所定員は5名、入所に年齢は問いません。(主に20代~40代が入所しております。) 施設はすべて個室になっており、共有施設として食堂・トイレ・お風呂があります。

短期入所の定員は5名です。
自宅で介護を行っている方が病気や仕事などの理由により、介護を行うことができない場合に短期間入所していただ、入浴、排せつ、食事などの必要な介護を行います。
現在、週末(金土日)のみ営業しております。

■ご利用の対象となる方について
短期入所のご利用には、「障害福祉サービス受給者証」の交付を受けることが必要です。

対象施設一覧

まごころの家 高陽
アクセスマップはこちら
放課後等デイサービス
児童福祉法に基づき、障がいのあるお子さまのための放課後等デイサービスを提供しております。 広島県広島市の3エリア(倉掛・高陽・可部)に放課後等デイサービス「まごころの家」を開校し、特性や個性があるお子さまが自分らしく生活できるように、ひとりひとりに応じたプログラムを設けています。

放課後等デイサービスには、定員制限はありません。 主に小学1年生~高校3年生の放課後活動・休日活動の支援を行います。 また、まごころの家ではすべての事業所に一軒家を利用しております。学校が終わった放課後や休みの日に、お友だちの家に遊びに行くような感覚で過ごしていただけます。さまざまな年齢のお子さまが共同生活する場所になるので、ひとりひとりに応じたプログラムを設け、安全に配慮しながら社会経験やコミュニケーションを学べるような環境づくりに努めています。

■ご利用の対象となるお子さまについて
放課後等デイサービスのご利用対象となるお子さまは、療育を行う必要が認められる小学生・中学生・高校生(主に6~18歳の就学児童)です。
ご利用の際には、障害児通所支援の「受給者証」の発行が必要となります。
お住まいの市・区役所にある障害福祉の窓口にご相談のうえ、発行していただくようお願いいたします。

対象施設一覧

まごころの家 倉掛
まごころの家 可部
まごころの家 高陽
アクセスマップはこちら
アクセスマップはこちら
アクセスマップはこちら
scrolltotop